【宮沢りえも推し曲】ぼくらの七日間戦争挿入歌

「鍵盤で弾きたくなる曲」

曲の最後のフェイドアウトするところの鍵盤のメロディーが本当に
美しくて、これを弾きたいがためにピアノの練習を必死にした覚えがあります(笑)

【GIRL FRIEND】

作詞:小室みつ子/作曲:木根尚登/編曲:小室哲哉

前回の「SEVEN DAYS WAR」の記事でも触れたとおり、実写版ぼくらの七日間戦争の挿入歌になっていて、シングル「SEVEN DAYS WAR」のカップリングです♪

個人的にはカップリングではなくA面シングルで出しても遜色ないレベルだと思います。

TM NETWORK木根さんの作曲となっておりファンの間で呼ばれる木根バラの代表的な曲の1曲だと思います。

実写版のぼくらの七日間戦争のサントラ【SEVEN DAYS WAR MUSIC FROM THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK】にも収録されています。

この曲単体でも勿論素晴らしいのですが、同アルバムに収録されているインストバージョンがより曲の良さを際立せているのです。

またTMN 94年の東京ドームでの終了コンサートでも小室先生のソロコーナーではシンセサイザー(JD-800)でこの曲を弾いています。めちゃ綺麗で何度聴いても泣きそうになるんですよね(^^;)

宮沢りえ全盛期の始まり

しかしほんとにこの時の宮沢りえの透明感というか吸い込まれそう(語彙力を失うw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です